🇫🇷パリ旅行

2018-07-16 Mon / 13:40:10

7月13日はわたくしの誕生日だったのですが、翌日14日が土曜日だったので『せっかくイギリスいるんだからヨーロッパ旅行しようか~』ということでおフランス🇫🇷に1泊2日の旅行へ行きました!


目的地はルーヴル美術館、エッフェル塔、凱旋門…など、とりあえず『フランスっぽいもの』。
綿密なプランはたてず、とりあえず気になるところに思うがままに向かう行き当たりばっ旅が私たち夫婦流の旅行です😇

1日目

ピエール・エルメ

フランスといったら1回見てみたかったピエール・エルメへ。
事前リサーチし忘れたので本店ではないですが、とても良い雰囲気。
店員さんはなんと日本人女性の方と現地人男性の方。男性店員さんは日本が大好きだそうで、女性店員さんに『ぜひ日本語で話してあげてくださいw』と言われましたw
お店の写真~

たまたま別の日本人ご夫婦が来客され、店員さんと一緒に『日本人の方が同じタイミングで集まるなんて珍しいです~』とおっしゃってました👀

もちろん、マカロンはとーっても美味でした♥️
ひとつひとつ写真撮って味のレビューとかしたかった🤣💦(忘れた)

お手洗い

マカロンを買ったあと、何故か腹を冷やしてしまいトイレを探すことにwww
お腹弱いんです😭😭😭

近くのカフェの御手洗を借りました。
んで、写真撮り損ねたのですがトイレの位置高い。
トイレはもちろん洋式なので座るタイプなのですが、座ると足がぶらーんとするんです。床に足がつかないwwwww

イギリスの住まいではトイレの高さに違和感は感じなかったのでフランス独自の高さなのかな…?(適当)

ルーヴル美術館(失敗)

フランスに来たからにはやっぱり行きたいルーヴル美術館✨
…でしたが、しょっぱなからやらかしました。

ルーヴル美術館、手荷物の大きさに制限があるんです。

普通の手荷物程度なら持って行けるのですが、小さめでもトランクケースだとアウト。
私たちはトランクケースを預けずにここまで来てしまったのです…やらかした😇

そしてそして長蛇の列…たしか120分待ちだか180分待ちだと言われました。
某夢の国のアトラクションに並ぶのと同じかそれ以上の混み具合…!!!

ホテルは遠いし、今日はなぜだか人が多いし(後述)荷物預けられるところもわからない…ということで、1日目に見るのは諦めました。
結果的にこの判断は正しかったのですが、このはなしは2日目に続きます😗

なんかヤバいひとたち

フランス旅行に行く~と言うと、みんなが口を揃えて言うことがある。それは…

スリには気をつけて!

わたしはリュックで行ったのですが、常に前に持って歩いてました。
まぁ結果的にスリには遭わず済んだのですが、ヤベぇのに出会ってしまいました。それは

街頭アンケートおばさん集団。

日本でもままよく見かける光景かと思います。なんかの企業なんだか組織なんだか宗教なんだかわかりませんが、『アンケート答えてくれませんか?』ってやつです。
あれがフランスにもいたのですが、いるだけなら多分どこの国にもいると思うんです(たぶん)。

あれはやばい類のだった…と、思うのはしつこさが尋常じゃないのと、集団で囲んでくるということ。

集団いうても3~5人でしたが、知らない外国人に囲まれるというのは相手が一見細くて弱々しい女性でも怖いもの。
英語で『アンケート答えてください』と近寄ってきて、ジェスチャーしつつ英語で旦那が断ったところ、全員で囲まれました。
進もうとするも目の前に立ちはだかるので進むに進めない…!
『英語わかりませーん!あいどんとすぴーくいんぐりっしゅ!』
なんて叫んでもかまやしない。前、横、後ろに奴らがいる。
旦那が無視して進もうとするも、なんていうかほぼ私たちを掴んで離さないような感じでした。最終的にわたしが大声で『わかりません!(日本語)』と叫びながら集団を強引におしのけ(怪我しない程度にね)逃げることが出来ました。

ちょっと進んだ先で『ああいうのに答えると金取られることがあるらしいし、なによりああやって囲まれてる間にスリにあうことがあるみたいだよ』と聞きゾゾ~っとしました。
何も盗まれず無事ではありましたが、フランス怖ぇ!!!!!

みなさんも海外旅行の際は怪しいアンケート集団にはくれぐれもお気をつけを…🙄

セーヌ川

上のアンケートおばさんの件もこの辺の道でおきました。
ルーヴル美術館出てすぐ大通りがあるのですが、そこにセーヌ川があります😇

ここを眺めながら歩いてました。
露天商的なのが沢山並んでます。絵描いてる人もいたりして、フランスって感じがしますね(小並感)。
特に特記事項はなし😇

なんかいろいろ

名前忘れたのですが色々見ました。
凱旋門もあるよ。
すごく適当なブログですんません。

夜ご飯

ちょっと早めの夜ご飯。
フランス料理店にお邪魔しました。
とても雰囲気が良いお店でしたが写真撮り損ねました🤪

フランスのお店、英語のメニューが置いてあるところと置いてないところがあります。
このお店は全部フランス語でした…!
英語だってまだ怪しいのにフランス語なんてわからねえ😇
幸い、店員さんが英語を話せる方だだったので、各メニューを英語で説明していただきました(そしてそれを旦那に日本語に直してもらうw)。

私が選んだのは『タルタル』というフランス料理です🇫🇷

ユッケ的なやつだとおもいます。ユッケ食べたこと1回くらいしかないけど。
牛ミンチっぽいものに塩コショウなどで味付けし、混ぜたもの。
美味しかったです。
が、
私は歯ごたえのないものを口の中にいれておくと気持ち悪くなっちゃう体質なので、全部食べきれませんでした…味は良かったんですけど食感が。。もむもむ感が…😭
あと純粋に量が多かったです。反省。

そいやフランスはやはりフランスパンが主食です。
日本で居酒屋行くと枝豆とかエビせんとかキャベツの千切りとか、お通しって出るとこが多いと思うのですが、フランスは料理店に行くとだいたいフランスパンが出てくる。
くそかたいです。

夜、まつり。

この日エッフェルのふもとまで行きたかったのですが行けませんでした。
というか、どこもかしこも交通規制だらけ!!!
移動手段は専ら徒歩かUberだったのですが、どこを通っても超渋滞。
しかも軍人さんがめっちゃいる…動画は撮ってたのですが写真撮ってなかったというぽんこつぶりなので割愛しますが、軍人さんはもちろん軍事車輌がめっちゃ通ってました。
なんかやばいことでもあったのか…?
なんて思っていましたがそれもそのはず

7月14日はフランス革命のあった日。

そう、この日はお国の祝日、超特別な日だったのでした……!!!

ルーヴル美術館が激混みだったのも、その日は無料開放していたからだったらしい。
そしてそもそも人が多いのはお祭りの日だから。
私も旦那もそんなこと知らずに来たもんだからまぁ大変…何かあったのかとテンパりまくってました😇

ちょっと早めの時間…まだ明るいくらいかなー?の時間にホテルに戻ろうとしたところ、エッフェル塔がよく見える橋の上に人が集まり始めてました。そしてキラキラ光るエッフェル塔。

ホテルに戻って調べてみたら花火もやるとのこと。
ホテルの共用スペースの外から、エッフェル塔から打ち上げられる花火を楽しむことが出来ました✨🎆
そういや日本と言ったら夏は花火~だけど、こっちでは特にそういう文化はないだろうし、お祭りごとだからこそ見れる花火に感激しました♥️

もちろん日本の花火とは何か違う感じはあるけど、国にとって特別な日に来れたのはなんだかラッキーでしたね。

まぁ翌日地獄が待ってるのですが……😇

ちなみに、祭りのあとはさらなる渋滞が待っていました…。
私たちはホテルから見てたので特に問題なかったのですが、深夜になってもクラクションがうるさいうるさいw
ホテルの窓から見た景色をどうぞ。
ホテルついてすぐ(昼~夕方)と、祭りが終わったあとの写真です😇

2日目

2日目はゆっくり起きてゆっくり出発。
とりあえずルーヴル美術館が見れればいいかな~くらいの気持ちだったのでそんなには色々見たりはしていません。
が、死ぬかと思ったイベントが…😇

ルーヴル美術館(リベンジ)

昨日荷物的な問題と激混み的な問題で断念したルーヴル美術館。theリベンジ!!!
今回は事前に荷物を泊まっていたホテルに預けてきました!これで今度こそ並べるぞぉ~!!!

空いてる…😇

なんとびっくり、並び始めてたったの20分で中に入ることが出来ました。
YATTAAAAA!!!
昨日は無料開放の日ということもありめちゃめちゃ混んでたんですね。でもだからといってこんなに空いてるもんなのかな?色々なサイトで『2時間は並ぶ』とか書いてあったので、拍子抜けしてしまいました。

…まぁそれもそのはず(?)、この日は国をあげての別の大イベントがあったのでほかの人はみんなそっちに行ってたんだろうなとあとになってわかるのですが…。

中に入ってすぐの写真もアップします📸

噂には聞いていたけどこれが3DSのガイド…!
ガイドレンタルの際はパスポートなど身分を証明できるものを受け付けに預ける必要があります。
それ以外の貴重品は全てガラス張りのロッカーに預けるのですが、預け方がちとわかりにくい仕様になってます。
自分でパスワードを設定して預けるタイプのロッカーなのですが、何回か試して『やっとわかった!荷物預けよう!』と挑もうとすると、隣やら後ろやらで他人から覗かれる可能性があるのでご注意を…w
ただ純粋にやり方を見たかっただけなのかもなのですが、じっくり見られるとパスワードバレちゃうんですよね。なのでその辺の自衛はしっかりしましょう。
先に書いたようガラス張りのロッカーなので、中に何が入っているのか(どんなカバンが入っているのか)他者からも丸わかりです。

ルーヴル美術館、広すぎ&作品多すぎて1日ではとても回りきれないと言われています。
なので、事前になんの作品を見たいかピックアップしておくことが大事ですね💡
私の本命はもちろん…モナ・リザ!!!!!
『死ぬまでに絶対やりたいこと』の中のひとつが生モナ・リザを見ること!すなわち、この日私の願いはかなったのでした…

生モナ・リザの微笑み~!!!

恋焦がれた生モナ・リザが、すぐ、そこに…!

モナ・リザはやはり目玉とあって、作品までの距離が離れてます。その他の作品は結構至近距離で見れます。
そして行列が出来ます。
今回は人が少なかったので10分並んだかな?くらいで見ることが出来ました。

絵描きでありながら正直なところ美術にとんでもなく疎いのですが、モナ・リザだけは生で見てみたかった…。
語彙力ないので作品の感想は胸にとどめておきますが、感動しました。
ミーハー的にいえば世界的、歴史的に有名なモナ・リザが生で見れたわけですから、もうそれだけで胸いっぱいです。

モナ・リザに別れを告げ、ほかの作品(割愛)を眺め、歩き疲れたところでルーヴル美術館をあとにしました。

また来たいな!!!

地獄からの退避(夕飯)

さて。
今日何故ルーヴル美術館がやけにすいていたのか。今日が何の日か…
そう…

ワールドカップ決勝戦がありました。

もう、街は大混雑。大通りのど真ん中に人人人。
道沿いのカフェやレストランから溢れ出る人人人。

やべぇことに気づくのです。

『帰る時間帯、ちょうど決勝が終わる時間だ…』

昼飯兼夕飯のためのレストランに向かう途中だったのですが、フランスが点を決めて大歓声!それにビビる私たち!!!
旅行の予定立ててる時はまさかフランスが決勝にいくとは思ってなかったし、私自身はサッカーファンではないのでどれだけ盛り上がるものかも知らなかった。
試合が始まって間もない時間だったけどもうすでにお祭り騒ぎの無法地帯。
飲食店からあふれでた人が道を塞いでいてもお構い無し…!

こりゃフランスが勝っても負けても地獄を見ることになりそうだ…と、とりあえずレストランに入りました。

ちょっと奥まったところにあったのかレストラン店内はがらんとしてました。
私たちはここで2時間弱時間を潰す必要があったのでとりあえずゆーっくりご飯を食べる……というかそれ以前にご飯出てこない😇
フランスあるあるなのかはわかりませんが、注文してからご飯が運ばれるまでかーなーりの時間を要します。

私の夕飯はローストビーフ😋💕
美味しくいただきました🙏

ご飯食べてるあいだ、人も少ないので結構静かだったのですが、フランスが点を入れたであろうタイミングで店員さん大はしゃぎ。もう完全に仕事モードではない😇
コックさんもウェイトレスさんもみんなレジにある小さなモニタ眺めて盛り上がってましたwwwwwご飯くるの遅いわけだよ!!!w

そしてしばらくして店員さんが『フランスの優勝だ!!!!!(フランス語か英語)』と叫んで店内が拍手に包まれました👏🏻✨
そしてそれと同時に私は震えました…外に出るのが怖い🙄

こちら、レストランを出てすぐの動画です。
爆発音がありますので音量ご注意ください。

この道を進んで駅に向かうのですが、もう民間人のパレード状態…!
ときどき車がクラクション鳴らしながら通るのですが、車の前に立ちはだかってウェ~イwwwww国家歌いながらウェ~イwwwwwカラーパウダー爆発させてウェ~イwwwww私たち涙目wwwwwwwwww

人混みをかき分けながら大通りに出たらさっきの道ほど人はいないものの、今度は車がやばい。
車から身を乗り出して国旗振りかざした人達がクラクション鳴らしながら猛スピードで走ってる…
道行く人とハイタッチ、ハグ、当たり前。
10mくらい先で水が降ってくる。
え?!と思って見上げると、その建物に住んでる人が屋上からじょうろで水ぶっかけてたwwwww(静かにしろーとか言うんでなく、下ではしゃいでる人にかけて笑ってた)
私たちは水かぶりたくないので駆け足で立ち去るも、交差点の向かいからテンション高めな青年数名がこちらに向かってくる…
やべぇ、どうしようと固まってるとハイタッチを求められた。
ここはのっておいた方がいいのかな~?一応めでたいことだしな~と『い、いぇ~wはは…w』とか言いながらハイタッチし返したら、

隣で旦那がハグされてる😇

そして私もハグされた😇

なにこれ😇

ぶっちゃけ他人と触れ合うの好きじゃないどころかかなり嫌いなのですが、まぁハグとかこっちの方では普通にあるんだろう…と無理やり自分に言い聞かせて駅に向かいました。。

やっと駅についたー!と思ったところで、見知らぬはしゃいだおっさんに真正面から水ぶっかけられてこればかりはキレそうになりましたが、旦那のいる手前(&英語もフランス語もわからんので)ぐっとこらえました。さっきのハグはともかくこれはなんかムカついた&しんどかった…w

そんなこんなで、私たちのフランス旅行は幕を閉じました🇫🇷

レストラン出てから駅までの道は本当に死を覚悟しました。
変な人に因縁つけられたらどうしようとかビクビクしてました。
が、みんな純粋に自分の国の優勝を喜んではしゃいでる方なので他人に危害を加えるといったことはなかったかと思います(たぶん)。
フランス革命の記念日にW杯決勝そして優勝、なかなか経験できることではなかったのでなんやかんやいってもとても面白く、新鮮でした☺️✨

おまけ

フランスパン

フランスといったらフランスパン。そして、なんか『フランスパン持って歩いてる人』のイメージ、ありますよね?
フランスに関連する挿絵とかって必ずと言っていいほどフランスパン持って歩いてる人のイラストがある。
本当にそんな人いるのかよwと思って実際にフランス歩いてみると…

いました。
というかそこら中にいます。


フランスパン持って歩くのはどうやらデフォのようです。
私も真似して歩いてみたかったけどフランスパン固くて食べるの辛い&私ら夫婦では食べ切れる気がしなかったので買うの断念しました🤣🇫🇷
みなさんもぜひフランス遊びに行った際はフランスパン持って歩いてる人を探してみてください。普通にいます。

ポケモンGO

ちょうど旅行行く前日頃、プラスルとマイナンの色違い報告が相次いでたんですよね。
私も旅行中はポケGOほぼずっと起動していたのですが、なかなか出会えませんでした…。
でも野生のプテラには出会えましたw

色違いのプラスルといえば、私がサファイア(GBA)で捕まえた初めての色違いなんですよね。
色がそんな変わらないので、『なんかきらーんってエフェクト出た気がする…とりあえず捕まえとこう』と捕まえたのがその子でした。あのエフェクトを見逃していたら逃げるか倒すかしてたかもしれない😇
そして10年ちょい後オメガルビーの図鑑サーチ連鎖で色違いのマイナンを捕まえたのですがこの子がなかなか捕まらなくて、600連鎖しても出てこなかったんですよね。。
仕切り直したところ10連鎖したかしてないかくらいで出てきたのもいい思い出🙄w

そんなこんなで、色違いのプラスルとマイナンを捕まえることが出来ずしょんぼりしていたところ…出たんですよ。
帰り際に寄ったフランスの駅でトイレに並んでいたときにwwwww

いいいいい、色違いマイナンだ~😭💖💖💖

今現在も色違いプラスルの方は捕まえられてないですが、いつか出会えることを信じてますw
しっかし可愛い…エメラルドグリーンな色がいいね🤤
プラスルもこれくらい色の差があれば良かったのに…w

ユーロスターのサプライズ

帰りのユーロスターに乗っていると、どこからともなく結構でかい音量で音楽が流れ始めました。

QUEENのWe Are the Champions 。

しかもみんな歌い始める😇車内で合唱😇
サビを終えたところでアナウンスがなり、まぁ英語で聞き取れなかったのですが車掌さん?が興奮気味にフランスの優勝やったぜ!俺達がチャンピオンだ!フゥッ!!!的なことを話していました。
あまりに興奮してるので、近くにいるであろう女性乗務員さんの笑い声が聞こえる始末w

そしてロンドンに着いて、自分たちの降りたユーロスターの電光掲示板を見てみると…

We are world Championsの文字が流れていました🇫🇷
ほかの車両は行先が書いてあるだけなので、なんだか粋な計らいですよね。ちょっとほっこりしてしまいました☺️

ちなみに帰りの電車は運良くいいプランが安くとれたとのことでちょっと豪華に機内食付きでした😋💕

そんなこんなで、あまりまとまってませんがフランス旅行日記🇫🇷を終えたいと思います。
行ったタイミングがたまたまイベント丸かぶりだったので、なかなか味わえない体験ができましたw
モン・サン・ミッシェルに行きたいねーと話してるので、また行くことがあるかも✨

また旅行行ったら日記アップしたいと思います🙇
お付き合いいただきありがとうございました🙏

ABOUT ME

むらかみ / 村上乃司

英語が話せないイギリス在住歴1年ちょいの主婦。
元漫画家志望で受賞歴・掲載歴あり。今は趣味と時々お仕事でイラストや漫画を描かせていただいています。

SEARCH

PICK UP

Ranking