#4 イギリスで妊娠発覚!妊婦健診編②

2020年09月14日 14:10

イギリスで妊娠発覚!妊婦健診編の第2弾です。
今回は2回目〜妊娠中期頃までの記事になります。
出産に向けてどういった検査があるのか等まとめていきたいと思います。


第1弾の記事は下記をどうぞ!

2回目の妊婦健診

病院も近所にあることがわかったので2回目の妊婦健診から一人で行くことに。
基本的には妊娠中期まではほとんど同じような妊婦健診です。

ミッドワイフは毎回別の人

ミッドワイフは決まった担当がいるわけではありません
毎回別の人に変わりますし、たまたま前と同じ人が担当になったりもします。

なので、この前のミッドワイフさんの英語は聞き取りやすかったのに今回のミッドワイフさんの英語は聞き取りにくい!ということが結構ありました。

瀬南
瀬南

Google翻訳使っていいですか?のやりとりも毎回発生します

最初で最後の通訳さん

2回目の妊婦健診では通訳さんが来てくれました
まさか最初で最後になるとは思いませんでしたがwww

通訳さんが来ることになったからといってお金がかかるということはありません。

わたしがお会いした通訳者の方は小柄で可愛らしいアラブ系女性の方でした。多分わたしより若いw
あとで話を聞いたところ、勉強中の言語も合わせ5カ国語を話せるというもんのすごい方でした。
通訳会社に登録している通訳者がNHS等から仕事をもらうような形になっているようです。

以前から『通訳さんが来ることには期待しないほうがいいよ』『来たらラッキーって思っといた方がいいくらい』と聞いていましたが、通訳さんが来たのは最初で最後となりましたw
なので通訳さんがどんなレベルで通訳してくれるのかはわからないのですが、かなり分かりやすく精度の高い通訳をしてくれます

ただ、専門的な用語は難しいと感じることもあるらしく、『膣』が『おしっこを出すところ』となってしまったり。
どうしてもわからない翻訳は根気よく聞き直すか、脳内補完するようにしましょう。

トラブル発生!妊娠手帳2冊目交付!?

通訳さんを介しながら問診や説明を受けていましたが違和感を感じます。

瀬南
瀬南

あれ?これ全く同じことを前も言われた気がする…?

でも毎回バイタルチェックがあってもおかしくないしそういうもんなのかと思い問答を続けていましたが、ミッドワイフの机にわたしが持っているのとは別の妊娠手帳が置いてあることに気づきました。
前の人の忘れ物かな?サンプル的な感じで置いてあるのかな?・・・そう思っていたのですが、

じゃあこれがあなたの妊娠手帳よ。妊婦健診や検査の時は毎回これを持参してね!

と手渡されるのでしたw

瀬南
瀬南

わたし、もうすでに1冊持ってまああああああああああす!!!!!!!

急いで鞄から取り出し、すでに貰ってることを通訳さんを介して説明したところ、なんとびっくり前回のミッドワイフとの引き継ぎがうまく行っていなかったのか今回が初めての妊婦健診ということになっていました!!!w

間違った住所が登録されて手紙が届かないとか、妊婦健診の引き継ぎができてないとか…こういうことがよくあるのかなあと不安を覚えます(笑)。

2回目の健診ではちょっと入り込んだ問診も

体調はどう?といった問診は毎回あるのですが、2回目のみちょっと特殊な問診があります。
今の環境のことやメンタル部分のことなどの質問がいくつかされます。

友達はいる?サポートしてくれる人は近くにいる?何か不安に思っていることはある?妊娠して幸せ?といった質問、そして『お腹の赤ちゃんの父親は結婚相手?』というものまで。

これには通訳を介さずオフコース!!!!!と答えましたが『うふふ、聞くことになってるのよごめんね』と笑われてしまいましたw

このようなちょっと入り込んだ問診をし(結構量がありました)、何か質問は?なければ今日はこれで終わりね、と帰されます。

ちなみに『幸せ?』という質問もほぼ毎回聞かれます。
今日もちゃんとハッピー?落ち込んでない?みたいな。
もしアンハッピーな場合(妊娠が不安過ぎて相談できない…とか)、些細なことだと思ったとしても一人で悩まずに相談してくださいね。

瀬南
瀬南

パートナーには伝えにくいようなことがあったとしたらミッドワイフさんに相談してみるのもいいかもしれません
(身近な人にこそ言いづらいことってありますもんね…)

一人で悩まないでくださいね!

宏美
宏美

とはいえ勿論出産は”夫婦(カップル)”二人の一大イベント。
出産する女性が一番大変だけど…でも出来ることならカップルで気持ちを共有し、大変なことも楽しいことも一緒に乗り越えていけるといいね!

妊娠中期の妊婦健診

3回目以降(妊娠中期)の健診内容

3回目以降(妊娠中期:妊娠14〜27週/妊娠4ヶ月半頃〜7ヶ月)の妊婦検診はほとんど問診のみになります。
妊娠6ヶ月の最後の方から妊娠後期の項目にある『心音確認』と『子宮底長測定』が入ります(詳細は次の記事で)。

  • 尿検査
  • 血圧測定
  • 問診(最近の体調はどう?ハッピー?等)
  • 直近の妊娠経過の説明(この時期にはXXになりやすいよ、XXをしてね、等)
  • 質問タイム
  • 次回の予約

わたしは悪阻の症状を伝え、何か改善策はないかなど毎回聞くようにしていました。

太りすぎると何か言われる?

妊婦さんにとって大変なのは体重管理。
妊娠前の体型からBMIを算出し、体重増加の目安を知っておくことが大事と言われますよね。



上記サイト様を参考に、妊娠前の体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)でBMIを出してみましょう。

  • 痩せ気味(BMI18.5未満):9〜12kgの増加が目安
  • 普通(BMI18.5以上25.0未満):7〜12kgの増加が目安
  • 肥満気味(BMI25.0以上):5kgの増加が目安

知っておきたい妊娠と出産のこと 参照

わたしは日本での出産経験がないのですが、聞いた話では太りすぎるとかなり厳しく言われるらしいですね…!
それはもう非国民の如く罵られると聞きました。ヒィイ!

で、イギリスでもそうなのかというと・・・

 

全然何も言われない。

 

何も言ってくれないの!?と心配になるくらい言ってもらえない。

お恥ずかしながらわたし(元・痩せ型)は妊娠前〜出産直前までに17kgも増えてしまいまして、日系プライベート病院では『日本だったらなんか言われてたかもねw』と言われました。
しかしイギリスだからなのか(?)これ以上は特に何も言われず・・・

妊婦健診でミッドワイフに体重が増え過ぎたと思う旨伝えたところ『あら、全然気にしなくていいわよ!ノープロブレム!』と言われてしまいました。

瀬南
瀬南

えー!

瀬南
瀬南

太り過ぎが原因だったのかわかりませんがわたしは結局出産予定日1週間過ぎてしまった上難産でした。。
母体はもちろんお腹の赤ちゃんにも何かしら影響あるから口をすっぱくして言われるわけですもんね(日本では)。

が、この体重じゃダメ!もっと痩せなさい!と言われ続けるのも本当に鬱になるかと思うので、ミッドワイフの『ノープロブレム!』は少し心が軽くなりました
いや勿論それに甘えてぶくぶく太り続けるのはダメですが、これ以上太っちゃいけないことなんて自分が一番わかっているの(でも嫌でも太る…!)で『気にし過ぎもメンタルに毒なんだな』と思ったんですね。

なので何も言われないからと言って太り続けるの勿論よくないですがミッドワイフがノープロブレムと言うのにも意味(=気にし過ぎはよくないよー)があると思い、あまり気にし過ぎないようにしました。
勿論太り過ぎるのは大きなリスクがありますが、好きで太ってるわけではないですしね…。
体重管理は大切ですが、自分を思いつめ過ぎないでくださいね。


次は妊婦健診(妊娠初期〜中期)の合間合間にある内診や検査について書きたいと思います。

エコー検査

妊娠発覚後、実質初めての内診になります。
そうなんです。妊娠検査薬で陽性反応が出て、『妊娠しました!』とGPに妊娠報告してから今までエコー検査は1回もないのです。

筆者は陽性反応が出た後個人的に日系プライベート病院でエコー検査を受けましたが、個人で病院に行くことがなければ妊娠12週目にして初めてのエコー検査を受けることになります。

エコー検査は基本的に12週と20週のときの2回になります。
何か問題や気になる点があった場合はエコー検査の専門技師の判断で3回目が行われる場合もあります。

わたしは当時前置胎盤の疑惑があったため3回目がありました。

12週目だともう赤ちゃんは人の形をしてるんですね…!
感動しちゃいます。

エコー写真は有料
£4くらいと聞きましたがわたしはなぜか無料でもらうことができましたw

エコー検査については別途記事でまとめる予定ですのでもうしばらくお待ちください。

ダウン症スクリーニング検査

任意ですが、お腹の赤ちゃんがダウン症かどうかの出生前検査を受けることができます。

タイミングとしては12週のエコー検査の時になります。

エコー検査で赤ちゃんの後頭部のむくみの厚さを測ります。
厚みがあるとダウン症児の疑いがあるようです。
しかし検査はこれだけでなく、このエコー検査の後に血液検査が行われます。

別室に移動し血液検査を終え、『何かあれば電話するね、何もなければ手紙で結果を教えるわ』と伝えられ終了。

結果わたしは何も連絡がありませんでした。
手紙で心配なしとの通知が来たのみ。

スクリーニング検査についてはこちらのサイト様が詳細をまとめてくださっていますので是非見てみてください。

採血した日の夜、針を刺したところが大きく青タンみたいになっていました。
そして何故か針刺したところとは別のところ(近い)も赤黒く…
注射針さした人が下手くそなのか、そういうもんなのかは謎ですが見た目がだいぶグロテスクになりました(涙)。


妊娠中期までの妊婦健診についてはここまで!
次回は妊娠後期の妊婦健診についてのレポを更新予定です。

記事自体は6月にできたいたものの多忙で挿絵が用意できず…結局描く時間が取れそうにないためこのまま更新します。
後日追加更新されるかもしれません(しないかもしれません)。

エコー検診については個別記事で体験談を書きたいと思いますので更新をお待ちください。

 

もし参考になりましたらご感想やTwitter(@studiooooopi)のフォロー等していただけるととても励みになります!!
ご質問もお気軽にどうぞ!(もう日本に戻ってしまっているので当時の記憶を頼りにわかる範囲でお答えします)。

異国の地での妊娠出産はドキドキしますが、妊娠生活もリラックスしながら楽しんでくださいね!

関連記事
当サイトおすすめコンテンツ

漫画を読む

イラストを見る

英国de妊娠出産レポ

お問い合わせ

ご感想、お仕事のご依頼などお気軽にご連絡ください。

M A I L

むらかみ / 村上乃司

英国で妊娠出産を経験し、それを元にした体験レポを書いてます。現在は日本在住。
元漫画家志望で受賞歴・掲載歴あり。今は趣味と時々お仕事でイラストや漫画を描かせていただいています。

2020年夏よりお仕事募集再開します。